住宅リフォーム・外壁塗装のジーエスプランニング

数量の算出方法

1.外壁面積の算出

まず外壁の面積について説明します。『外壁塗り替え 建坪30坪で40万円』などという広告を目にする事があります。

これは大きな間違いです。なぜなら、外壁の面積は建坪と比例しないからです。それを下の図で分かりやすく説明します。

下の2つの図を建物の平面図とします。

箱の数が同じなので図1と図2の床面積は同じという事になります。実際は(太線の長さ)×(高さ)が外壁面積となります。それでは太線の長さを測定してみましょう。

図1は20個の実線がありますが、図2は14個の実線しかありません。すなわち上の2つの図では建坪が同じにもかかわらず、外壁面積は約1.4倍も違うのです。

又、実際の建物には庇があったりしますし、窓などの塗装をしない部分もあります。これらを増減した数字が見積りに出てくる数量です。

2.屋根面積の算出

『家の建築面積が50㎡しかないのに屋根の面積が60㎡?』って聞いた事はありませんか?

これは屋根の面積も表面積となるためです。すなわち同じ水平投影面積でも勾配や屋根材の形によって見積りに出てくる面積は違ってくるのです。

3.付属部位の塗装

外壁を塗り替える時は雨樋や雨戸、シャッターBOX、庇等も塗装します。

雨戸は外壁の数量に含む(窓の面積を引かない)塗装店さんもいますが、弊社では材料の注文などが曖昧になるため、窓の面積は引き、雨戸の数は数えて数量算出します。

もちろん樋の長さや庇の大きさや数なども違うため、それぞれしっかりと算出します。

4.足場の数量

足場の数量は足場の外側の面積となります。(メッシュシートを貼る部分)

足場の面積は外壁の面積より大きくなる事が多いのですが、塀などのように足場を建てずに塗装できる部分が多いと足場の数量の方が小さくなる事もあります。

inserted by FC2 system